スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

右脳トレーニング 右脳を開く簡単な方法1

右脳のトレーニング 右脳を開く簡単な方法1

019688s.jpg
高速回転させる


天才たちに共通していることが一つあります。

何だと思いますか??

・・・・

続きを読む

スポンサーサイト

右脳トレーニング 右脳を開く簡単な方法2

右脳トレーニング 右脳を開く簡単な方法2

019688s.jpg
呼吸法・・・

呼吸法とは、複式呼吸です。息を吸った時にお腹がふくらみ
はいたときにお腹がへっこむ方法

子供たちや大人でも、集中したい時や、今から勝負!って時にこの呼吸法をするといいです。

何がいいのでしょう??

それは、脳がリラックスしてアルファーファになるのです♪

まず・・・
ゆっくりと息を吐きます。
そして、ゆっくりと鼻から息をすって・・・お腹はふくれています。
その状態でいったん息をとめます。
そして、ゆっくり口から息をはきます・・・ふ?っと細く長くはきます。


今の呼吸を3回繰り返します。
吸うときと止める時とはく時の時間は同じ秒数にすると、いいですよ♪

この時リラックスできる音楽が流れていればなおgood!


これで、脳はリラックス脳の右脳が優位になっている状態です。
この時、良い暗示の言葉をかけてあげてください。
成功するイメージの言葉や自信のつく言葉などです。

例えばテスト前の暗記等の勉強の時に呼吸法をしてから勉強にとりかかると、
右脳の記憶回路に記憶されるので、すんなり暗記することができます。


右脳はリラックス脳だということ・・・ここがポイントです。



右脳を開く方法
入会キャンペーン実施中!七田式右脳教育システム【 はっぴぃタイム 】

右脳トレーニング 右脳を開く簡単な方法・・3

右脳トレーニングで右脳を開く簡単な方法・・3

019688s.jpg
イメージすることです。

イメージという言葉をよく聞くと思います。
たとえば、料理の献立を考える時、メニューをイメージして、材料をうかべます。
そこで、実際調理するときには、流れをざっと無意識で思い描いていますよね?

これが、イメージです。


小さな子供は、想像力がとても豊かです。

普段から、イメージするくせをつけてあげると、右脳が働らきます

例えば、おままごとでくだものの形のおもちゃを食べる時

「あまくて、おいしいね~」とか

言葉をつけて誘導してあげるとイメージしやすくなります



特に小さな子どもには、寝る時に絵本を読んであげます

絵本はイメージ力が育ちます。

絵を見なくても、お話を聞いているうちに、頭の中で映像が映し出されます。

物語も自分でどんどん膨らんで話が展開していくようになります。

イメージ力を育てる=右脳を育てる・・ことなのです。




イメージ力をつける
入会キャンペーン実施中!七田式右脳教育システム【 はっぴぃタイム 】

右脳トレーニング 潜在能力を引き出す方法

右脳トレーニング 潜在能力を引き出す方法

018059s.jpg
フラッシュカード


人間は普段3%の脳しか使っていないって聞いたことありませんか?
残りの97%はどうしていると思いますか?

実は人間の脳はコンピューターよりもはるかに優れているのです
ただ使いきれていないだけ・・

脳には右脳と左脳がありますが、バランスよく使えるのが一番ですよね

ではどうすればいいのか・・・

脳は刺激によってシナプスが神経と神経をつなげてくれます
子供にたくさんの刺激をあたえることでどんどんシナプスが
神経と神経を結んでくれます


刺激って何?って思いますよね

刺激とは情報です
普段の生活から伝えられる情報だけだと
あまり沢山の情報はありません

そこで高速で沢山の情報を脳に与えてあげるとっておきのアイテムがあります

それはフラッシュカードです。

高速で見せることで左脳は処理しきれずに右脳が処理してくれます

右脳に刺激を与えて右脳を活性化すれば、今まで使えていなかった
残りの97%を使うことができるんです
大人でも右脳を開くことは可能ですが、

6歳までの子供は右脳が有利に働いている時期です
その時により刺激を与えると子供の脳にたくさんの
神経回路を築くことが出来、記憶することや発想力など
すばらしい能力を使えるようになります。!(^^)!




フラッシュカードがDVDで
入会キャンペーン実施中!七田式右脳教育システム【 はっぴぃタイム 】

右脳トレーニング 潜在能力を引き出す方法

右脳トレーニングで潜在能力を引き出す方法

018059s.jpg
右脳を開くのにとっても良いアイテムは

フラッシュカード




ではフラッシュカードの使い方を説明しますね

何でもよいのですが、子供が興味のありそうなものが良いと思います

例えば
国旗カード(カラフルで子供は楽しんでよく見てくれます)
のりものカード(特に男の子は大好きです)
食べ物カード
ドッツカード

絵と言葉が一緒になるように練習をします
カードは学研等で本屋さんに売ってあるのが安くて丁度よいサイズです

指サックがあるとめくりやすいです
出来れば最低1秒に2枚くらいめくれるように練習します

練習することによってお母さんの右脳も活性化されて一石二鳥なんですよ♪

さてそれでは、ある程度めくれるようになったら
子供と向き合ってカードをフラッシュします

はじめは少ない量で大丈夫
毎日することをおすすめします



簡単にDVDでフラッシュカードが見られます
入会キャンペーン実施中!七田式右脳教育システム【 はっぴぃタイム 】
アクセス
カテゴリ
最新記事
リンク
幼児教育と子育て.com
yahoo
楽天
seo
  • SEOブログパーツ
seo great banner
  • 無料SEO診断
ブログランキング
ブログランキングに登録しています クリックして頂けるとたすかります

育児 ブログランキングへ/a>
RSSリンクの表示
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。