スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼児教材 ドッツ

幼児教材 ドッツの大切さ

018059s.jpg
ドッツとは・・

アメリカのグレン・ドーマン博士が考えだされた方法で
赤ちゃんはすばらしい天才的な能力を持っていて
その能力を引き出す方法として

ドッツがあります

さて、ドッツとは・・点の事です

普段 数を認識するとき

数字に置き換えますよね

たとえば
1+1=2  みたいに

それをドッツなら
○+○=○○

になります

赤ちゃんの時から
○=1
○○=2
○○○=3
100まで

をカードをみせて認識させてあげます

赤ちゃんが使っている脳は右脳なので
図形認識で数字をとらえて
100個の○を〇の数を数えなくても100とすぐに解るように
なります

100と99の区別が一瞬でできるようになるのです
すごいですよね

でも、もっとすごいのは
このドッツの効果です

数字をドッツで認識させると
計算がコンピューターよりも早くできるようになります

今まで世界には天才と呼ばれた方々は
みんな右脳を使っていました

例えば
19世紀のカナダに暗算の天才ゼラ・コンバーンは
複雑な計算を一瞬で計算します

何桁の数字でも一瞬で答えが出ています

ギネスブックに人間コンピューターとして登録されている
オランダのウィレム・クラインさん

インドのシャンクラタ・デビさん
この婦人は、3歳の時に140,608の平方根は52であると
瞬時に答えて人々をビックリさせました

このように人間には不思議な計算能力があるのです
それも
天才とよばれるごく限られた人だけでなく
すべての人間にその能力は備わっているのです

この能力を引き出す方法の一つが
ドーマン博士の考えたドッツなのです!(^^)!




ドッツもDVDで毎日トレーニング
入会キャンペーン実施中!七田式右脳教育システム【 はっぴぃタイム 】

コメントの投稿

Secre

アクセス
カテゴリ
最新記事
リンク
幼児教育と子育て.com
yahoo
楽天
seo
  • SEOブログパーツ
seo great banner
  • 無料SEO診断
ブログランキング
ブログランキングに登録しています クリックして頂けるとたすかります

育児 ブログランキングへ/a>
RSSリンクの表示
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。